<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

猫のおしっこ

お互いを思いやる心が見えたときは、
さみしさや恐怖から解放される。

よかった。

今は、猫のおしっこの臭いで悩んでいる。

コンクリの玄関に、可愛い猫がおしっこをしてしまい、
におってから(乾いてから)気が付きました。。。

洗っても洗っても、臭いは消えず、困り果てております。。。

消臭剤も、効果が無いですね。。。

なにかいい方法はないかなあ。。。
b0113883_17424452.jpg

[PR]
by jador07 | 2009-08-26 17:42

怖い

今、心がガタガタ震えているので、文章にして、後で読み返してみようと思います。

********************************************************

夫に、
「生ものだすなっていったじゃねーかよ、腹壊すっていったろあーあ。。。」

と夕食時に言われる。
かつおのたたき。

夕食を何にしていいかわからず、まよって迷って、夫が生物を出すなといっていたことを忘れて、出しました。。。

わたしも、本当に困ってたんです。
そんなに怒らないでください。

「之本当に一人分?」
冷やしラーメンを出したら言われました。1.5人分です。
三人前で、一人前のこすと、いつまでも冷蔵庫の中で眠っているので、出しました。
そんなに怒らないでください。そこまで怒ることなんですか。。。

コマーシャルで、「おにーちゃーん」と、かわいい女の子、
自閉症の妹さんは、夫のことをおにいちゃん、としっかり呼んでいたか、ふときになり
「ねえ、妹さんは、おにいちゃんって、あなたのこと呼んでたっけ?」とききました。

ああ、まずかったなあ、と思いました。
これも、失敗です。

呼んでいるにしろ、呼べなかったにしろ、彼の気に障ることでした。

はっと気が付いて、
ああ、今日はもう駄目だ、そう思いました。

今は一人でパソコンの前。

しかられる、おこられる、どなられる、不機嫌になり、おこられる

怖い。


怖い      怖い         怖い        

全部私の失敗だから、怒鳴られてもしょうがないんだろうか?
怖い。
[PR]
by jador07 | 2009-08-24 21:32

うしちゃんと ぶち

うしちゃん、と名づけた、モーモー柄の猫が居る。
野良で、年は桃之助ぐらいだろうか。
元気で、いつもうちにご飯を食べに来る。

周りに居るライバルたちを蹴散らして、家の御飯にありつく。

ミケという野良が居たときは、ミケを寛容に受け入れていたが、
今はそのミケはいない。

チョビや、まだら、たらといっしょぐらいのかわいい(うちの子にしたい)ぶちがいる。

ぶちは、たらに威嚇されてから、御飯を食べに着づらくなったようだ。
どうしてだかタラは、ぶちには威嚇する。

そんな中、うしちゃんは、一人勝ちで、御飯をたっぷり、一日多いときで5色も平らげる。
その後、寛いでいく。

一時、うしちゃんを家之子にしたいなあと思っていたが、
ぶちの登場で、矛先が変わった。

ぶちは、夫が見初めたかわいい子で、若い。
男の子か女の子かわからないけれども、
そのあどけない瞳は、誰の心をも揺るがす。


うしは、そんな私たちの心を知っているのか、
アウトローを気取る。

ちょっとうちの子気分を味わっては、すぐにいってしまう。
ぶちのことは、食事のライバルだと思って気にしているが、、、

わたしは、うしに、心を見透かされていると感じる。

ぶちは、なかなかこない。

夫の希望通り、私たちの心のように、
私の周りの野良たちは、
動いてくれるだろうか。

ちなみに、うしちゃんは、たらのライバルだった。
御飯をめぐって、家でケンカしていた。

今は、家に牛ちゃんが来ることを、楽しみにしているタラだ。

ぶちに、ライバル意識があるんだろうか?
新顔には、厳しいのが、猫の世界なんだろうか?

うしちゃんと、ぶち、
いっそ二人を、うちの子にしようか。。。(無理だなあ)


本当はこのまま二匹でいてもらいたいが、、、

うしちゃんは、元気で、アウトローだが、
ぶちは 弱そうだ。

やっぱり、保護してあげようか。。。

夫と猫二匹と、和やかに暮らす毎日。
大きな心配事はいくつかあるが、
その中のひとつだ。

b0113883_6325067.jpg

[PR]
by jador07 | 2009-08-21 06:32

心配だなあ

夫は、ときどき、自分で自分の御飯を作る。

おなかが減ったときもそうだが、
なんだかたまに、私に変な遠慮をしているかのようにして、作るときがある。

今日もそうだった。

ときどき、仕事をしてない夫が、こういうようなことをいう。
「俺は暇だから~。」

悲しい、ちょっと おどおどしたような目。。。

立つ瀬が無いのか、引け目に感じているようだ。
たぶんその心のうちは、
自分で自分を責めているだろうなあと思う。

かわいそうだから、はやく次の展開があればいいのに、そうおもう。

パソコンも、テレビも、寝るのも、みんな飽きた~ といいながら、やっている。
特にオークションは、唯一の稼ぎということもある。

今、夫は外に出ている。

きっと、自分を情けないと、責めているだろうなあ。


こんなときは、下手なことは言わないで、普通にしている私だ。
ただただ、日々のもろもろをこなしてゆくだけだ。
余計なことはいい。

心配している私がいるということは、夫に伝わっているだろうか。
あまり自分を責めるな、と、
言ったほうがいいのだろうかなあ。。。

心配だなあ。

b0113883_16443173.jpg

[PR]
by jador07 | 2009-08-20 16:44

癒される心

最近、夫が、白黒の、かわいい猫を見つけた。
うちに、御飯を食べに来るよういなった。

「お前がいいなら、飼っていいぞ」 という夫。

なんだか扶養家族も増えるし、家はボロボロになっちゃうし、これ以上いいの?とたずねたら、

「だって、お前は猫ぐらいしか楽しみが無いだろう。」といってくれた...。


この人は考えてくれているよなあと思って、しみじみした。
優しい人だなあ、と改めて思った。

前の夫は、趣味が車で、お金をかけていた。
なにかと、サークルの集いもあり、数万単位でお金が出て行った。
14万程の収入のときでさえ、数万払っていた。

そのときの私は、夫に不満を持っていた。
普通、結婚したら、お金のかかる趣味はやめるだろう。
贅沢すぎるだろう。

そうでなくとも、之で子供ができたら、どうするつもりなんだろうと。。。
お金のかかる趣味は今はやめて、お金に余裕ができてから又始めて欲しいと、言ったことがある。
わたしはガーデニングが趣味だった。
新しい鉢植えを作ると、「自分ばかり楽しんでいる」と責められた。500円の寄せ植えでも、怒られた。
心が責められたから、やめなきゃいけないなあ、と、思っていた。
実際、やめていたときもあったが、ウツがひどくなってきたとき、癒しが欲しくて、花を良く手にした。
私の救いだった。
一緒にガーデニングをやろうといってもいた。

また、猫もいた。
自分は好きなことばっかりして、、、、そういわれて責められていた。
猫は生き物だった。捨てるわけには行かない。車とは違う。

猫はかわいくないんだろうか。(TT)

結局、生活できなくて、車はやめてくれたが、不満は大きかったようだ。
身の丈を知らない、遊びだとおもったなあ。。。
稼ぎが良くて、車をいじるんならまだしも、、、、
本当に、生活のこと考えているのか、疑問に感じたものだった。

わたしは、ガーデニングも、猫も、愛してお世話することが、悪いな、、、と思うようにもなっていた。
自分だけ好きなことをしている、と言われたことに、腹も立ったが、
悪いな、とおもい、心が求めているのに、遠ざけようとしてもいた。どんどん精彩を欠いていった。

郷里や、なれた東京から離れた、知り合いの一人も居ない、浜松での出来事だった。

そうでなくとも、東京で無理をした私は、疲れていた。
結婚に、癒しを求めていた。

寸断されていったとき、何かが崩れていっていた。

慢性的な疲れ、母が死ぬ、介護、仕事、お金、、、

結婚式も挙げたくなかったし、(もう付かれきっていて、披露宴などする余裕など無かったが、無理にやらざるおえなかった。)新婚旅行にも行きたくなかった。
母の希望、夫の希望、周りの希望を満たしていった。
すべて、やりきった。
物件探しや、引越しも、辛かった。


当時の私は、花をいじることで癒されていた。
夫の趣味を制限してやることがはばかられたとき、生活に色を失ったようだった。
そんなに、駄目なことだったろうか、、、わたしは、そのほかにもいろいろ、
責め続けられるだけの、妻だったろうか、と、よく考えたものだった。
離婚したときも、よく思い出していた。

わたしは、何事にも明るく接していた。がんばっていた。
家事もやった、親が癌になって余命宣告され、ショックもあったが、
あらゆることに力を注いだ。幸せを、逃すまいと必死だった。

結局、精神的に追い詰められ、無理が利かなくなっていった。

思い出すと辛いことだ。



それが、いまの夫は、何も言わないばかりか、玄関を飾ったりするのは、いいらしい。
こぎれいにするのは、好きだ。。。。

猫を、いっぱい飼ってもいいといってくれる。。。

わたしは泣きたくなっていた。思い出すと、泪が出てくる。
「お前の楽しみはそれしかないだろう。」

夫の優しさ、思いやりに、救われたなあと思い、
暖かい人にめぐり合えて、癒された。

とても、感謝している。

夫は節約するのが好きだ。
車も軽自動車。之で十分と言う。
余計なことにはお金はかけない。

最初から、夫にあっていればよかったんだけれども、
いろいろな過去の苦労を乗り越えてこその出会いだったから、これが縁だったんだろう。

でも、早く会いたかったなあ。
落ち着ける、優しさにあふれる人と。

手付かずになっている、植え込みは、きれいにするね。
大きな鉢も、どうにかするつもりで居るから、長いスパンで、みてやってね。
一気にやると、まだ、ものすごく疲れるの。

玄関に、また、猫がおしっこをした。。。(TT)
デッキブラシを買ってきて、洗おうと思う。
夫の家だし。


かなしい記憶はとおざかっているが、
ときどき思い出す。

今の夫から思いやりと優しさをうけたとき、
それらは癒される。

どうもありがとう。
[PR]
by jador07 | 2009-08-19 07:47

ぱっとしない一日

今日は、なんとなくだるい、眠い、一日だった。

早朝に起こされて、いつものように猫の世話をして、もう一度眠る。
が、今朝起きたとき、のどが痛くて、風邪薬を飲んだ。

風邪気味か、寝不足か、薬か。 なんだかだるい、一日になった。

夫は、姑と、姑の実家へ。
姑は、今年95になる実母の遺産が欲しくて、忘れられないように、顔を見せておきたいそうだ...。

そのおばあちゃんから、おこづかいをいただいた。。。

顔も見せない孫の嫁だのに、ありがたかった。
おばあちゃん、ありがとう。

夫は、たかりに言っているみたいで、行くのが恥ずかしいといっていた。。。

姑に、お手製のお手玉をくれたそうだが、いらないと、私たちによこした。
オークションに出すことにした。。。

なんだ、以前の、おばあちゃんお手製の座布団も、私によこしたのは、
自分が要らないからか...。

野菜も、そうか...。


自分のお母さんが、くれたものだよ。娘である姑が、なんとかしてほしい。

いらない、といって、くれてよこしても、困る。

夫は、おばあちゃんに悪がって、もらってきた。
そのほか野菜などは、夫の友人にあげた。

ちょこっと、かぼちゃだけ残した。
あとで、あんかけにして食べよう。

それにしても、家庭がひとつあれば、そこの中でのドラマがある。
みんな違う。

わたしは正直、
あまり係わり合いになりたくないなあ。。。


頭痛もするから、やっぱり風邪か?
星占いでは、今日はいい日のようだけれども、
なんだか ぱっとしない日だったなあ。

桃と、たらはかわいい。
夫のことも、愛しいが、
今日は横柄な態度に、ちょっとイライラした。

わたしは調子が悪いかもしれないなあ。
あしたの朝ごはん、作りたくないな...。
[PR]
by jador07 | 2009-08-15 23:35

治れ

左の 眉尻付近にできた おでき。 
(調べたら、おできじゃなかったけれども。。。良性の腫瘍が、最初からできていたそうだ。。。)

腫瘍をとった後の傷が、1.5cmだ。
赤いボールペンで、線を引いたようになっている傷が、自分でも見ていて痛々しい。

普段は、医療用のテープで、傷に垂直に固定してカバーして置くように言われた。

3ヶ月も!

それもこれも、
きれいに傷を治すためだそうだ。

この暑い季節なもので、汗をかくとすぐに取れてしまうテープだ。。。

取れては貼る、の繰り返し。

どうかどうか、わからないぐらいに治っておくれ。

b0113883_17255988.jpg

[PR]
by jador07 | 2009-08-13 17:24

行動的になった私

この数年の私の動向には珍しく、働く気になった。
そうして、好ましい募集を見て応募したが、だめだった。。。

少々がっかりだが、いたしかたない。
また、次のお仕事をさがすのだ。

私にしては珍しく、働く気になっている。
ちょこちょこ稼ぎたいなあ、そんな気になっている。
人の中にもはいっていこうともおもう。
大分デブになったがそれでもいいと思う。
ああ、いいお仕事よ、カモーン!!!

それにしても、今の名古屋は、お仕事の募集が無い!
どうしてこんなにも少ないのだろうか。。。
少ない中から、通えそうなところを探しているのだが、まず、一冊の情報誌を捨てることになる。

仕事をしよう、そう思って実際に動いているのもビックリだが、
何よりビックリなのは、車の運転をしていることだろう。

数年、運転から遠ざかり、すっかりペーパーだった私が、
その恐怖を乗り越え、
今は、毎日あちこち通っている。

不思議なものだ。。。どうして急に、それぞれやる気になったのだろうか。

一人暮らしをしているときの、独身時代の私の原動力は、夢だったり、プライドだったりした。
稼ぎたくもあった。

今の原動力はなんだろうかと考えると、
家族だ。

夫と猫二匹。
之が私の原動力だ。

なんだかとてもいい傾向のような気がする。
このままちゃっかり、パートでもやって、小銭を稼ぎ、
夫と猫と、ちんまり、まったり暮らしていけたらいいなあ。

父と姑のお世話もあるだろうが、今後起こりうる大きな山は、それと自分たちの健康ぐらいで、
子供は天からの授かり物で、できたら儲け物ということで、
このまま平穏にすごしたい、
そう願う私だ。

b0113883_13222410.gif

[PR]
by jador07 | 2009-08-13 13:22

わたしは眠るのだ。

久々に、エキサイトのブログに書く。

今日は、どういうわけか、午後から頭が痛くて、薬を飲んで少し休んでました。

それまで、酷暑の中、用事をこなして、買い物をし、洗濯をし、昼食を用意し、滞りなくやってきていたのですが、夫がおきてから数時間、外出しようという、せっかくのお誘いを断るくらい、あまり調子が良くなかった。

少し離れたところに、大型のショッピングセンターがあって、とにかくおもしろい。
行きたかったんだけれども、いけない、、、

それに、不在配達があったので、家に居なくちゃいけなかった。

あれから3時間以上、夫はまだ帰ってこない。ああ、いいなあ。

わたしはまた、これから御飯の支度をする。

あついなあ。

室内が35度ぐらいになっていた今日、
火を扱うガスコンロの前に行くのは気が引けるなあ。。。
それにしても、嫌なのは、
又、いつもいつも、御飯を作っているだけのような気に、なっていることだ。。。

疲れている。

そりゃあそうだろう。
毎朝、猫に、午前3時などに、起こされて、無理やりおきていたのだから。
一度おきたら、薬はもう効かない。
また、別の薬を飲んで、もう一度寝なおす。

辛かったなあ。。。
猫には悪いけれども、せめて、
6時半か7時ぐらいまで、寝かせてもらおう。

猫も結構しつこい。
舌で、わたしの手足をなめる。
ざらざらチロチロした舌の感触が、電気ショックのようになり、とびおきる。
それを、一時間からそれ以上、ずっとやられるのだ。
お布団をかぶるとあついから、、、ああ、、、

あとは、飛び乗り。
わたしの体の上をダッシュしながらいったりきたり。

夫がおきているから、更に遠慮が無い。

寝よう、寝よう、と思いながら、
電気ショックなどに起こされ、
本当に無理やり、動いていた。

ついでに、朝の仕事もやっていたが、つらかったなあ。

夜12時から1時に薬をのんで寝て、3時に起こされる。

まいったよ。
かわいいから負けちゃうけど。
なんども 言っているけれども、
もう、私はねむるのだ。

その無理が積もったものを、今日の午後は感じた。

おきられなくて、二時間、眠った。

郵便物は?
幸い、遅れているようだ。
午後二時から5時の間に来るといっていたのに、
いい加減だな、郵便局。
気にしながら眠るほうのみにもなってくれ。

夫は朝型から昼過ぎまで寝ている。
ああ、ちょっと疲れているかも、わたし。

この生活は、何時まで続くのかなあ。
[PR]
by jador07 | 2009-08-12 17:54

ポーチュラカ

昨日は、思い立って、夏の花を買い、家の玄関周りの鉢を植え替え、リフレッシュした。

去年、鉢に植えていたポーチュラカという花から、こぼれた種が発芽し、
地面からも生えてきていた。雑草だけとって、その花は残しておいた。
夏の、まぶしいかわいい花だから。

b0113883_761974.jpg

[PR]
by jador07 | 2009-08-01 07:07

カタルシスを得るために


by jador07
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る