大変だった 去年の いまごろ

「めまい患者の9割は、首が凝っている!」
https://kenka2.com/articles/107

実は、湿布で 首を冷やし、肩を冷やしていたら、
めまいのぐらつきが 小さくなってきまして...。

内科、耳鼻咽喉科、精神科、婦人科、の医師、だれもが、
首や肩コリで めまいは考え難い、といっておられましたが、、、

冷やして楽になってまいりました。

***************************

昨日、夫の仕事関係の方が、潮干狩りに行ってきた、といい、
あさりとハマグリを たくさんいただきました。

そうして、今朝 お味噌汁に。

とてもおいしかったです。どうもありがとうございます。


今日夫は、姑のところへ。
頼まれごとをしに向かいました。

わたしは、去年の 今頃の夫を思い出しておりました。

くるみを 助け出すことで 夫ともめていたのです。
夫から、
「なんで くるみはいいんだ!なんで あのとき アヤたちを たすけてくれなかったんだ!」
と激しく言われました。

夫は、アヤちゃんという子と、その子猫たちを 助けてくれ と 家に連れてきておりました。

私は、看た瞬間、今の自分には 無理難題だ、とわかり、
ごめんね無理だ、と断っていたんです。

「あの時は全く余裕がなかったんだ、アヤちゃん、妊娠してたし、
子猫も数匹いたし、
みた瞬間、ああ、これは大変だと、頭の中に、今いる子猫の里親募集と、出産、通院、また里親募集がバっとうかんできて、
疲れている私には無理だったんだ」、といったが,,,

夫は 悲しみ、アヤをたすけなかったから、くるみはだめだ、の一点張りでした。
わかった、クルミを許す代わりに おれの外泊を許せ!とか 無理も言い出し、

何してるかわからないから駄目だ!といったら、
バシャ!と顔面に水をあびせられ、
物を 投げつけられ、しまいには、
首と背中と腰に 足蹴りを食らいました。


ひどいことでした。


わたしに 依存している 猫の保護と飼育であることが よくわかりましたし、また、
夫が わたしに 不満があることも 恨みにおもっていることもわかりました。

いまは もう そうでもないかも、です。

その後、くるみのことで ひきさがらなかったわたしは 夫に、
里親が わたしだと 電話に出ないから、電話してみてくれないか、と たのみましたところ、
なんでおれがーー!!!と いかりはじめ、
そばにあった ながい柄のコロコロを 振り回し、机に穴をあけるほど 殴りちらしました。

わたしは
怒るな、アヤちゃんはごめん、でもいまは くるみをどうしてもたすけたいんだ、
だから 電話してほしい、お願いだ。殴りたいなら 殴っていいよといいまして、
里親に ダイヤルし、
留守電に おっとから メッセージをいれてもらいました。

あなたのおかげで もう妻が くるみくるみと おかしくなっている。
もう 譲っていただけませんか!

と言ってくれた。(TT)


そうして、この手に、くるみは もどってきた。

暴れた夫でしたが、わたしが 涙ながらに 感謝を伝えると、
もういい、暴力も振るってわるかったと いってくれました。

去年は 大変でしたんです。。。

******************************

その後、ひやひや することもありましたが、
今の夫は 大変優しく、感謝しております。

アヤちゃんのことが きになりますが、あまりしつこく言うのもなんですから、これまでにして、
夫が新たに つれてきた 小麦ちゃんをかわいがります。

ちなみに アヤちゃんと その子供たちは、
今も 夫の仕事場に 顔を出しております。


あの 杉本、という 女は、
きっと 手元の動物を、すべて手放したのではないでしょうか...。

あの子たちの 幸せを祈ります。


それにしても、
疲労でいっぱいのときに、
保護や出産、里親募集などを 無理くりやってまいりましたが、
そのせいもあったのでしょう。

普段は この人間はだめだ、とおもいそうな人ですら、見抜けなかったあの頃の私。
あの頃は つらかったです。ひどく疲れてました。

もう、あんなことのないようにします。

それにしても、
夫も猫愛が 大きいなあ。

助けてあげられたら、よかったかなあ、、、
今でも 数匹一気は つらいなあ。。。



[PR]
by jador07 | 2018-02-28 16:24

カタルシスを得るために


by jador07
プロフィールを見る
画像一覧