もっと、信用しようと おもったこと。

昼過ぎに お客様からの不用品回収依頼の 電話があった。

年配の女性で、丁寧な口調。
なんでも、植木鉢が10鉢ぐらい、
大きいので、直径30センチぐらいのが一つ、
植物が植わっているものもある、
という 鉢たちを回収してほしいそうです。

お値段はいかほどか たずねられ、
報告された内容から、
わたしは、空鉢が 多いという 印象をうけていたので、

価格は、営業が判断しますが、そのお話ですと 万はいかないとおもいますよ、
と伝えた。

見積もりをお願い、ということで、
夫に連絡、すぐにいくことになった。


しばしして夫から 連絡があり、
3万とったった!とうれしそうにいう。

ええ!?
3万も!?
といった。

うん、なんかいっぱいあったよ。あれは何十個かなあ、という。

なんだか、夫が ぼったくりをしたような気がして、疑ってしまった。

しばらくして、どんな回収物だったのか見たくなり、
夫に連絡してみせてもらった。

倉庫の前に おいてあり、
それをみて あきれました。

お客様、わたしには、だいぶ 事を小さめに、伝えていたんだなあとわかりました。

もうもう、でっかい植木が いくつも!
土が入っているか、私の背よりでかい植木がうわっているものなどいくつもあり、
もうびっくり!

逆に、「これが3万か~!安い!」と口から出ました。
20鉢以上は ありました。
ほぼ、陶器の大きな鉢で、
でかい木がそのままでした。。。あれはちょっと、、、

おばさん、これは話と違うよ。
そう感じました。

夫に お詫びしながら電話。

これは夫の言う通りか、もっととってもよかったね!
ごめんよなんだか疑って。とお詫びしました。

なにか もらえるものがあったらとも おもってみにきたんだ、、、
とかも 付け足して。

夫の感覚を、
もっと信用しようと思いました。

なんでも、
素晴らしい 一戸建ての お金持ちそうなお宅で、
もっと 払ってもらえばよかった、と 夫はいっておりました。

植木...

もう ジャンジャン枝葉を伸ばして、
喫茶店とか お店においているようなものばかり。
私よりもでかいのが 10鉢以上はありましてね、
空の鉢か?とおもってみてみたら、
全部 土がはいってました。
空の鉢は、ちょこっとだけ。

ほぼ95%は陶器。あとは素焼き。
大きかったな~。。。

あれは5万はとらんと。
木を きったりしないといけないし、
土もたくさんごみで出るし、
何より 陶器の鉢が大きすぎて 処分が大変。

みてみないと わからんもんだった。

夫、すまない。

[PR]
by jador07 | 2017-11-27 18:33

カタルシスを得るために


by jador07
プロフィールを見る
画像一覧