悲しいこと

朝昼兼用の食事は、彼が作ってくれた。
昼も、一緒に出かけようといっていた彼だが、なにやら電話。
女性の声が響き、だれからだろうか、としばらく聞いていた。

独身時代、よく通ったパブのママからだった。
バレンタインデーだから、お店に来て、というのだった。。。
今度、保母さんと合コンもあるそうだ。「そのときはよろしく」という声が聞こえた。

私と彼に、今肉体関係は無い。彼がその気にならない。
私に触れることも無い。子供ができる、こともない。

他の女性とは、生き生きと話をしている。うーん。

なんだか、彼は、他に女性を求めているんじゃないだろうか。

この再婚は、失敗だったのかな?

悲しいことだ。
[PR]
by jador07 | 2009-02-14 18:27

カタルシスを得るために


by jador07
プロフィールを見る
画像一覧