いつか終わること

寒いときは ぐるぐるまきまきの桃之助。
b0113883_16381678.jpg


少し、心がおついた。
私の場合、さんざ毒を吐ききったほうがいいようだ。心にためておくと、それが増幅するから。
吐き出すと、そのうちどうにかなっている。

はあ、よかった。

単に、その存在をとおく感じることができたので、そうなったのかもしれない。
何事においても、夫との絆を感じることで、大分緩和されている。

夫や姑からの愛情=私から出る愛情 おもいやりだ。

このブログは、おきれいにやっているつもりもないから、また正直になろうとおもう。

どうも、夫が姑の話をしたときや、姑からなにかアクションがあると、
今のわたしはキレ(?)やすいようだ。
もうもう、できるだけその存在を遠ざけたい。

夫は、お母さんの話をときどきするけれども、やっぱり、なんだかんだいって、お母さんのことを慕っているのだろうか。。。

赤の他人の私に、できるだけ接触させないようにしてほしい。。。今はとても、心に余裕がない。


先だって、医者に行ったときに、障害者手帳の申請をするかどうかたずねられた。
申請してみようかな、とおもい、お願いした。
次に医者に行ったときに、医師の診断書を持って、保健所へいってくることになった。

そういえば、わたしの問題は、姑ではなかったのだ。
すっかりどこかに、いってしまっていた。忘れたくもある。

たまにネットを楽しんでいるとき、統合失調症という言葉に出くわし、何気なくみているけれども、
それが自分だとは、思えなくなってきている。

ストレスが重なったら、症状がでてくるのはいやだが、注意していなくてはならないことだ。

顔の痙攣も、関係するのだろうか?
今度、医者にきいてみよう。

そういえば、めまいもしていたが、それも薬の副作用や疲労ではなく、もしかしたらこっちのせいなのかもしれないことが、なんとなくわかってきた。

どうであれ、医者の窓口から、障害者手帳の申請を進められたということは、その病気であるらしい。

生きていると、嫌なことは避けられないけれども、わたしはどれだけのりこえていけるんだろう。

姑は、姑が死ぬまで。それで終わる。
わたしの人生は、わたしが死ぬまで。それで終わる。

いつか終わることだから、まだいい。
[PR]
by jador07 | 2008-12-22 16:51

カタルシスを得るために


by jador07
プロフィールを見る
画像一覧