最近の二人

b0113883_1693915.jpg


夫は、毎日帰るコールをする。

二人がお付き合いしているときからの、名残の電話のようでもある。

結婚当初は毎日新鮮に会話をし、あきたらず、電話を惜しむようだった。
最近は話すことも限られてきて、おたがい空気を感じることが増えてきた。
そうして昨日、電話がなかった。

帰ってきた夫は、わたしに水筒をわたした。なんだかいつもと雰囲気が違って感じる。
わたしは黙って水筒を洗ったけれども、そのあと、「お茶が余ってた。なんでも捨てるのはもったいないだろ。」と注意された。

いつもと違うなあ。なんで帰るなり、そんな攻められるようなこと、いわれなくちゃいけないんだかなあ。

わたしはだんまり。。。

いつも電話するのがおっくうならいいよ。といったらば、
笑いながら、お前がそういうなら電話やめようかな、という。目はまっすぐこちらを向いてる。
おもわず、いっつも意地悪なこというよね~。。。といって笑いあった。

夫婦生活もしばらくない。。。
女をわすれそうだ。

夫は非常に疲れている。毎晩マッサージしてあげているので、それも良くわかる。
今朝、なんだかエロビデオの音が、、、(きこえちゃった)

複雑な私。

ときめきもまだまだかんじながら、慣れもかんじながら過ごす。

映画を見ていたとき、SEが出てきた。(職種:システムエンジニアのこと。)
前の夫はSEだった。それを彼はしっている。

映画の登場人物は、SEで悪役。

彼 「SEって悪者が多いんだろ~。こんなやつばっかなんだろ?」 というので(すみませんSEのみなさん。軽い嫉妬なんです。)
いつも、ほとんど、彼はふざけている。
皮肉な物言いをするのも好きだし、得意中の得意だ。

うん、そうだよ~(すみませんSEのみなさん、悪乗りしたかったんです。)そのとおりーとか答えた。。。

嫉妬がうれしかったし、前の夫をあしざまにいいたいのだなあと思えて、なんだかかわいく思えた。

私には過去があるからなあ。

べたべたしないけれど、どこかで絆を確認して会話をする二人だった。
[PR]
by jador07 | 2008-12-20 16:18

カタルシスを得るために


by jador07
プロフィールを見る
画像一覧