困った

義母と、生活をトレードしようと、わたしは言った。

義母の生活がうらやましくなった。
いくばくかのお金を、はたらかずしてもらえて、
自分の時間だけで暮らしているのだ。

ふと、わたしの生活と交換したら、ベストなのではないかと感じた。

私 「お母さんと、トレードしていいよ。」
夫 (わたしを じーっとみて)
   「...。」
私 「私、隠居生活する。いくばくかのお金をもらって、あとは自分の時間でしょ。
   私の立場と入れ替わったらいいんじゃないか?」
夫 「わかった。お前、キャットタワーも持っていけよ。」
私 「うん。わかった。」
夫 「じゃあ木曜日の休みの時に入れ替わるか。」
私 「うん。」


ということで、トレードが成立した。

わたしはここ数日、今の生活になんだか新鮮さを失って、やる気が出なくて悩んでいた。
この間の一件後、なあにもする気がわかない。
恋の余韻も、なにもなくなった。

なんで結婚したんだっけ?ともおもい始めている。(しょうもない)

あの男も、これから先、犬のように働いて生きていくのだ。
なあ、どうして結婚したんだ、この先犬のような生活だぞ。そうとも言ってみた。

あの男は、そんなに結婚したかったのか。
あと欲しいのは 金だけだ、といっていたあの男。

子作り作業もなにもなく、恋の余韻もわすれさり、
なんだか現実だけが横行する私の世界。

この生活の楽しさってなんだっけ?

なんておもってしまっている。

ああ、いったいどうしたものやら。原因も良くわからない。

ああ、困った。
寝ていたい。
[PR]
by jador07 | 2008-12-10 17:03

カタルシスを得るために


by jador07
プロフィールを見る
画像一覧